2016年11月02日

ぐうぐうコーヒーについて@あおぞら

このブログでも何度かお伝えしている、あおぞらでのコーヒー焙煎への挑戦。


気づけば「ぐうぐうコーヒー」という名前になり、こっそりと販売も開始しておりますが、
改めて、そもそもなぜコーヒー焙煎をやっているのかを説明します。

img20160316191356802.jpg

コーヒーというのは、商品として販売する過程に、いろんな作業が発生します。
まず生豆を選り分けところから始まり、焙煎し、味や香りを調整しながらのブレンド。

img20160928144154666.jpg

その後は袋にパッキングしますが、その袋もオリジナルのデザインを描くことができたり。

img20161102092330482.jpg

さらにドリンクとして提供すれば、淹れる作業、接客、そして会計、などなど。

img20160401155120920.jpg

このように作業を細分化することで、全ての作業は無理でも、
「どれか一つならやってみようかな」「これなら自分にも出来るかも」
というように、それぞれ自分に合った参加の仕方が可能になります。

作業によっては協働作業を経験でき、また地域イベントへの出店では、普段つながることはないような多様な人と出会う機会も生まれます。

img20161101191754467.jpg

また焙煎作業やブレンド方法は、ある意味正解が無いと言えるほど奥が深く、
それを探求していく面白味もあります。





今、あおぞらでは定期的に焙煎を行っています。
その日のあおぞらは普段よりちょっとだけにぎやかになりつつも、
みんな真剣な顔で豆の色の変化を見つめ、爆ぜる音に耳を澄ませます。





まだまだ始まったばかりですが、将来的には仕事として成り立たせることを目標に、
日々、技術の向上や販路の開拓に励んでいます。


そんな想いが込められた「ぐうぐうコーヒー」
これからも応援して頂けたらと思います。


posted by あおぞらスタッフ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。